information


アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、皮膚がひどく乾燥し、かゆみをともなう湿疹が慢性化する皮膚の病気で、アレルギーを持つ子供によく見られます。症状は様々で、皮膚が固く盛り上がっているもの、赤いしっしんができているもの、皮膚表面がかき壊されて体液が染み出てじくじくしているものなどがあります。
一般的には、赤ちゃんの時には赤い湿疹が出てじくじくした症状で、幼児期から小学生にかけてはカサカサした乾燥肌の皮膚になり、かゆみが強くでるため掻き壊して炎症が更にひどくなるという悪循環に陥り慢性化します。
はじめに、顔や頭にしっしんができ、徐々に体にも広がり、かゆみが強く出て繰り返すような場合、アトピー性皮膚炎を疑いましょう。
尚、生後間もない時期は皮膚が非常に薄く、新陳代謝も激しいため、多くの皮膚トラブルが発生する時期で、アトピー性皮膚炎かどうかの診断が難しい場合があります。
また皮膚の状態の変化も激しいため、診察を受ける時は、いつ頃から、どの部位が、どのような症状になったのか、またそれがどれだけ継続しているか、症状に変化があるのか、かゆみの有無などを記録してお医者様に伝えると良いでしょう。

 

アトピー性皮膚炎の症状

幼児期
赤ちゃん

●赤ちゃんの時期のアトピー性皮膚炎
部位:頭、顔、首、ひじやひざの内側、足首などに多い
症状:赤い湿疹で、体液が出てじくじくしている
症状が続く期間:2ヶ月以上

 

●幼児期~小学生のアトピー性皮膚炎
部位:目の周り、ひじやひざの内側、首、耳
症状:乾燥肌でかゆみが強い。かゆみによる掻き壊し(ひっかき傷)、肌が弱く皮膚の感染症にかかりやすい
症状が続く期間:半年以上

 

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎の特徴は、乾燥肌とアレルギーという2つの原因が関係することと、悪循環に陥りやすいことです。また、体質的な要因が関係するため炎症が治っても再発することが多く慢性化し、不快な症状に長く苦しむことも少なくありません。
治療は、「スキンケア」、「塗り薬」、「アレルゲン対策」の三つが基本となり、かゆみなどの症状を抑えること、炎症を鎮めること、刺激を減らすことに重点が置かれます。

 

アトピー性皮膚炎の悪循環のしくみ

①刺激(乾燥肌・アレルゲンとの接触)
②かゆみの発生
③つめで掻き壊す(皮膚が傷つきさらに刺激に弱くなる・細菌などが侵入しやすくなる)
④炎症・感染
⑤①にもどる

図

悪循環に陥る原因として大きいのが、「掻き壊し」です。
掻き壊しにより皮膚表面が傷つくと、感染が起こりやすくなるだけでなく、表皮の細胞からサイトカインという化学伝達物質が放出されるため掻き壊したまわりの皮膚の状態も悪くなります。
また、アトピー性皮膚炎の肌は、抵抗力が落ちているため黄色ブドウ球菌が多く、菌からの刺激によりかゆみがひどくなり、さらに掻き壊してしまいます。
 

アトピー性皮膚炎の基本治療

スキンケア
保湿して乾燥肌によるかゆみの発生を抑える。皮膚表面を清潔に保ち感染を抑える。

塗り薬
炎症を鎮める。

アレルゲンの除去
肌への刺激を減らす。