information


保湿する

赤ちゃん保湿
●アトピー性皮膚炎の肌は水分が少なく、水分を保持する力も低いため乾燥し、かゆみを感じやすいのが特徴です。保湿剤で皮膚の水分を保持し、乾燥からくるかゆみを防ぎます。できるだけ刺激がなく、潤いが持続するものを選びましょう。
 
 

●刺激が少なく保湿力の高いものを選ぶ
ちょっとした成分がかゆみの原因になりますので、低刺激のものを選びます。子供によって刺激になる成分が異なるため、体の一部に塗り様子を見て、かゆみが出ないことを確認してから体全体に使いましょう。

 

●体に伸ばしやすく感触の良いものを使う
体全体に使うことが多いため、全体に均一に塗りやすいローションタイプを使うと良いでしょう。

 

 

●保湿する前には、皮膚を清潔にし、皮膚が乾ききる前に塗る
保湿剤を塗る際には、シャワーをして汗や汚れを洗い流します。また、お母さんの手も石鹸で洗いきれいな手で伸ばすようにしましょう。シャワーが難しい場合はぬれたタオルなどで軽く拭くようにしましょう。お風呂上りは、石鹸で皮脂を落としているため肌は急速に乾燥します。タオルで体を拭いたらすぐに保湿剤を塗ります。

 

 

●炎症を起こしているところにはクリームタイプを重ね塗りする
炎症を起こしている部分には保湿ローションだけではカバー力が足りません。クリームタイプの保湿剤を重ねてつけるようにしましょう。できれは沈静成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。※オイルの使用は慎重に。通常の肌であれば、皮膚表面に皮膜をはってバリア機能を果たしますが、アトピー性皮膚炎の肌の場合は、セラミド不足のため肌にしみこんでしまい、かゆみの原因となることがあります。