information


アトピー性皮膚炎の検査・診断

アトピー性皮膚炎かなと思っても、まずは小児科、アレルギー科、皮膚科を受診しましょう。
赤ちゃんの場合、病気の症状のひとつとして発疹ができることがあるため、皮膚だけでなく全身を診てもらう必要があります。
診察の際は、発熱などの風邪の症状がないかや発育状態などと合わせて皮膚の状態を診ます。
また、アトピー性皮膚炎かどうかの診断では、湿疹や炎症の症状だけではなく、家族にアレルギー疾患があるかどうかの問診と、アレルギーがあるかどうか、また何に対して反応しているかのテストを行った上で総合的に診断されます。

 

アレルギー検査

アレルギー検査

●血液検査:
(検査方法)赤ちゃんの血液を4ml程度採取しアトピー素因の強さやアレルゲンを調べます。
生後まもない時期だと正しい結果が出ない可能性があるため、生後5~6ヶ月以降に受けるのが望ましい。

 

●皮膚テスト:
皮膚テスト

赤ちゃんの皮膚にアレルゲン液を落とし、その上から針で皮膚を軽く刺してアレルゲン液を皮膚に浸透させ反応を見るテスト。
生後4ヶ月未満でも可能で赤ちゃんの負担も少ない。